商品ラインアップについて

「米屋は最古のセレクトショップ」というのが私の持論です。
従って、セレクトショップなのだからきちっとセレクトしなければならないのです。
テレビCMや広告で知名度を上げたお米、風評で有名になったお米、逆にその風評で 売れなくなったお米等々、巷で話題になるお米もたくさんあります。
しかし、そのお米が当店に置くだけの価値ある物なのか、そして置く意味があるのかは 私が判断します。
何でも話題になっているかと言ってお店にずらずらと並べていたのでは、芸が能がありません。
そして置くか置かないかの基準となるのは、もちろん品質や値段もありますが、それと同時に 生産者の熱意の度合というのも大きなファクターを占めています。
今は知名度も低く、話題を呼ぶような物ではなくても、熱意を持った生産者の手によるものならば いずれ大きく花開くものです。
私も熱意のある生産者のお米を探し、選んで並べますので、お客様方もその熱意を意気に感じてください。


ブレンド米について

お米をブレンドするというと、値段に合わせて内容をごまかすための悪と とられることが多いようです。
しかし、お米とお米を合わせることで単品では出せない力を引き出して あげることができるのです。
お米にはそれぞれ適性や相性があります。
それを見極めてブレンドしてあげることで、より良いお米を作ることができるのです。
お米は1+1が必ずしも2になるとは限りません。
3にも4にもすることもできれば、逆にマイナスになってしまうこともあります。
高価なお米同士を合わせてもまずくなってしまうこともありますし、安いお米同士を 合わせることで高級米に勝るとも劣らないお米を生み出すこともできます。
また、用途に合わせたお米の品質を出したり、あるいはお客様一人一人のお好みに 合わせたお米を作ることも、ブレンド米ならば可能なのです。
そしてこれができるのは、我々米屋だけです。
「○○産△△△△」の単品だけを売るのであれば、学者先生かお役人に 任せておけばいいのです。
しかし、このブレンド技術なくしては用途に合わせたお米を作る、お客様一人一人の お好みに合わせたお米を作る、1年間変わらない品質を保ち続ける、更にはより安くて より良いお米を提供するということができなくなります。
とくに五ツ星お米マイスターは、ブレンド技術を認められて資格をとっています。
米屋の技術の粋は、ブレンドにこそ現れるのです。


お米


オリジナルブレンド米
特上米道
1Kg 530円(税込)

どんな好みの方にも、どんなお料理にもにも合うように作ったブレンド米です。
五つ星マイスターの名にかけて、自信を持って召し上がっていただけます。


オリジナルブレンド米
上米道硬
1Kg 480円(税込)

「ご飯は噛み応えが命」という方のために作ったブレンド米です。
しっかりした食感は、噛めば噛むほどにお米自信の味を引き出してくれます。


オリジナルブレンド米
上米道柔
1Kg 480円(税込)

「ふんわり」「しっとり」「しなやか」
そんな言葉を追い求めて作ったやわらかめのブレンド米です。
どんなお料理も「ふんわり」と包み込んでくれるお米です。


やまがたプレミアム
(特別栽培米山形県新庄市イシイファーム産コシヒカリ)
1Kg 650円(税込)

イシイファームは山形県新庄市で、最近では珍しく本気でお米作りをしてくれている生産者です。
そのイシイファームが手間の割に身入りの少ない減農薬無化学肥料栽培でコシヒカリを作ってくれました。
これだけ丹精込めて作っていれば、もちろんお味にもそのまま反映されます。
コシヒカリにしてはやや柔らかめ、粘りは強め、お味も濃いめのお米です。


いいなん
(特別栽培米島根県飯石郡飯南町上来島横路ゴールドファーム産コシヒカリ)
1Kg 600円(税込)

島根県は奥出雲、大国主命が国造りの素案を練ったと言われる琴引山の足元にある飯南町。
この飯南町では毎年お米のコンテストが行われており、このコンテストで金賞を獲得したのがこのコシヒカリを栽培するゴールドファームです。
関西風のやや丸っ種ですが、しっかりめの食感、強い粘り、濃い食味はまさにコシヒカリのそれ。
神々の愛でたるお米をぜひお試しください。

※「いいなん」をお買い求めの方に出雲大社のお札を差し上げております。


いいやま
(長野県飯山産コシヒカリ)
1Kg 530円(税込)

新潟県から県境をちょっと入ったところに位置するのが飯山市。
その県境の向こうは…魚沼地区です。
そんな位置取りでいいお米が採れないわけがありません。
やや硬めの食感、強めの粘りと食味はコシヒカリの神髄。
本格派のコシヒカリです。


とやま
(富山県産コシヒカリ)
1Kg 460円(税込)

地図帳をご覧ください。
コシヒカリが生まれたのが福井県。
コシヒカリで一躍名を馳せた新潟には富山を通らなければ行けないのです。
コシヒカリ特有の食感、食味、香り、粘りを全て兼ね備えたお米です。
見た目はやや無骨です。
「世の中見た目じゃねぇよ」という方にぜひおすすめです。


ひとめ
(特別栽培米岩手県江刺産ひとめぼれ)
1Kg 450円(税込)

北陸のコシヒカリに対して東北から日本中を席巻したササニシキ。
そのササニシキの後継として生まれたのがひとめぼれです。
中でも岩手県中央部に位置する江刺地区で作られる減農薬減化学肥料栽培のひとめぼれは「金札米」と呼ばれ、その評価は全国でもトップクラスです。
やや柔らかめの食感、強めの粘りと食味は和食にぴったり。
見た目にも非常にきれいなお米です。


こまち
(特別栽培米秋田県大潟産あきたこまち)
1Kg 440円(税込)

秋田に独自のブランドをという志で生まれたあきたこまち。
今や全国で作られています。
当店のあきたこまちは減農薬減化学肥料栽培であることももちろんですが、生産者が多大な労力と時間をかけて戻した原種のあきたこまちです。
さっぱりとした食感と食味が特徴のお米であるあきたこまち。
その特徴をしっかりと表現しています。


みやぎ
(特別栽培米宮城県栗原産コシヒカリ)
1Kg 440円(税込)

米どころ東北地方でも屈指の名産地である宮城県。
ササニシキやひとめぼれで有名ですが、実はわずかながらコシヒカリも作っております。
一世を風靡したササニシキを産んだその土壌にコシヒカリ。
悪い物ができるはずもありません。
コシヒカリにしてはやや柔らかめの食感、強い粘りと濃い食味は、さすが宮城と思わせてくれます。
この栗原は、東日本大震災で最も震度の大きかった地域です。
微力ながら、このお米で貢献できればと思っております。


かんとう
(複数原料米関東産コシヒカリ)
1Kg 390円(税込)

栃木県大田原市は、関東地方でもトップクラスの名産地です。
当店ではその大田原産、中でもミネラル栽培のコシヒカリに限定して使用し、一年を通して品質を維持できるように複数原料としています。
ややしっかり目に作っています。


オリジナルブレンド米
米道
1Kg 360円(税込)

「高かろう良かろう」はお米の世界にはありません。
お客様が少しでも安く、少しでも良い物をと考えるのは、当たり前です。
そのご要望にお応えするために、日々研究し作ったお米がこの「米道」。
その成果を見てください。


七分搗き
(特別栽培米岩手県江刺産ひとめぼれ+特別栽培米島根県飯石郡飯南町上来島横路ゴールドファーム産コシヒカリ)
1Kg 490円(税込)

七分搗きというのは、胚芽とヌカを残すため残留農薬にも気を遣わねばなりません。
しかし、当店は健康食品店ではありません。
やはり基本は味。
そこで、皮が薄く芽も残りやすい減農薬減化学肥料栽培の江刺産ひとめぼれをベースに、これと相性抜群の佐渡産コシヒカリをブレンドし、七分に搗きました。
名称は七分搗きとなっておりますが、実際の搗き加減は私の感覚でやらせていただいております。
ヌカの香りのいい秋口はやや弱めに、逆に臭いが気になる夏場はやや強めに搗いております。


玄米食用玄米
(特別栽培米岩手県江刺産ひとめぼれ)
1Kg 420円(税込)

玄米食で重要なのは、残留農薬とヌカ層の薄さです。
当店では減農薬減化学肥料栽培の江刺産ひとめぼれを玄米食にはおすすめしております。
残留農薬が少ないことはもちろん、このお米が一番ヌカ層が薄く、食べやすいからです。
健康のために玄米食をという方、ぜひお試しください。


オリジナル六穀米
2合 200円(税込)
1Kg 650円(税込)

健康食品として近年脚光を浴びている雑穀米。
当店では「味」に焦点を定め、発芽玄米、赤米、黒米、押し麦、 白ゴマ、アマランサスの6種類を独自でブレンドしました。
更に、この雑穀を混ぜるのに最も適するようお米もブレンドしました。
米屋だからこそできる全てが「専用」の六穀米。
おいしく健康になりましょう。