「ウチで探した平成生まれ」シリーズ!

 

「新潟のお米と言えば?」と質問をすれば、9割の方は「コシヒカリ!」と答えるでしょう。

しかし!実は新潟県での県内消費量は、年々コシヒカリが減り、こしいぶきが増えているのです。

作っている地元で消費量が増えるということは…そうです。その品質の高さを地元が認めているということなのです。

そして、このお米が採れた三条市の鹿熊集落。

燕三条駅から車で45分ほど、最も近いコンビニに立ち寄ってからは更に15分でようやくたどり着く、まさに秘境。

統計上は住民0人のその秘境に住み着いたのが長谷川さん。

その長谷川さんが一人で米作りをしています。

これだけの山奥となると、当然機械が入らない田んぼもある中で、手作業でお米を作る、本物の職人さんが丹精込めて作ったお米なのです。

もちろん、なかなか手に入らない貴重なお米。

この機会にぜひお召し上がりください!

 

※在庫がなくなり次第、終了となります。

こしいぶき~新潟県三条市鹿熊産こしいぶき~

¥440価格
  • 3週間以内に食べきれる量以内でお買い求めください。

    無洗米加工は30円/kgとなります。

    袋のリユースで10円/kgお値引きいたします。

    表示の価格は1kg当たりのものです。

  • 基本的には返金・返品には応じておりません。

    虫や異物の混入があった場合に限り、残量を新しいお米と交換いたします。